トップページ > コラム 目次 > 家を買う際のオプション工事

注文住宅のオプション工事は高価である

注文住宅、売建、建売、家のオプション工事は高くなる


キーワード 注文住宅、ハウスメーカー、香味雨天、建売、家、建築、建設、オプション工事、高価、高く、高額

家を買った、購入したことある人からの経験を聞くと、痒い所に手が届くような装備や機器(住宅設備)は大抵オプション扱いで、ちょっとしたものを頼んでつけた場合は、「えっ」と声が出るくらいに高く値段が提示された。という話をよく聞きます。実際に住宅展示場でのハウスメーカーの家を見てみると標準品以外のものが多く使われており、又、憎いことに大抵が魅力的な装備や、最新のキッチンやユニットバスであるのが腹立たしく思った方は多いはずです。特にローコスト系や安さを売りにしている会社では、後付け装備や工事は大変に高額に見えるようです。別に庇う訳ではありませんが、本体価格を低く抑えているので、その差額がより高額に感じやすいのは致し方ないことです。又、一番悪質なのはオプション工事がないと家が建たないような設定をしている会社は避けるに越したことはありません。後から、「実はこの工事をしないと家が建ちません」などと言ってくるような事態になった場合は想定外の出費で後々苦労するばかりでなく、生活まで影響します。最低でも、オプション工事がなくとも、家が建つような仕様を設定している工務店やハウスメーカーを選びましょう。

スポンサードリンク

一般的にはどこまでが標準装備か?

標準装備意外にはどのような費用がかかるかは会社どこに変わりますが一般的には、地盤改良工事や外構工事は通常では別途工事になります。標準装備の範囲はいったいどこまでなんでしょうか。答えは会社どこに違いますが、一般的には基礎工事、本体工事、電気工事、水道工事を指しています。あくまでも、基本的な「家」できまでの工種を指しています。このあたりは複数のハウスメーカーや工務店で、「御社では標準装備でどの程度の仕様でしょか?」と聞けば、ここまでが標準品で選びますとか、具体的な装備を教えてくれます。意外と思った装備よりいいものがついてあるかもしれませんので、よく話をしておきましょう。最低でもカタログを手に入れておきましょう。母体が小さい会社では、営業マンのトークでしか確認できない場合もあるので、そのような場合はメモや打合せ簿を書いてもらい、保管しておきましょう。
さてと、標準品になく、どうしても欲しい装備があった場合は、別途工事になります。 工務店や建材メーカーから仕入れているハウスメーカーの場合は定価を調べることが可能なのですが、ハウスメーカーでのオプション製品はメーカー自体のオリジナルやOEM製品で独自のブランド化したものなので、標準価格つまり定価の設定が一般には解らないのです。そう相手の言い値なのです。こちらが調べようがないのをいいことに、高額な場合がほとんどです。

気持ちを抑えて、欲しい物かをよ~く吟味が必要

ある出版物にハウスメーカーの一棟当たりの利益率が書いてありましたが、粗利で40~50%と書いてありました。ここから、広告費や人件費、営業コミッションや展示場の維持などが支払われるのですが、この数字だけを見ても大変に損した気分になる方は多いのではないかと思います。さて余談でしたが、本質を答えるとオプションはあなたが本当に必要としている装備なのか拘りなのかをよく考えてください。例えばの話ですが2002年頃の太陽光は1kwの発電能力で300万くらいしましたが、2013年では4kwの発電能力で200万前後まで下がっています。そうです。後から付けられるものを欲していて、資金的にきつい場合は後で付けるのも一つの選択しなのです。金銭的に余裕があるのであれば別ですが、抑えられるものは抑えておきましょう。
もう一つ脱線しますが、食器洗い機の使用頻度は使うか使わないかはっきりと解れるそうです。また、ジェットバスは最初は良く使う方は多いようですが、そのうち使用が頻度が落ちる方が多いようです。

まとめ、価格が不透明なオプションで後から付けられるものの場合は無理をして付けない。本当に欲しい物は何かをよく考える一時期の感情だけで、判断はしない事。あせらず考えましょう。

スポンサードリンク

次回コラムは未定です。 

住まいに係る儀式 戻る