トップページ > コラム 目次 > 住まいに係る儀式

地域によって変わる風習

必ずやるべきか地鎮祭


キーワード 地鎮祭と上棟式はやるものなのか?、神主への謝礼の相場

地鎮祭と上棟式のお話の前に良く聞かれる「家相」。この問題は気にする人と気にしない人がいます。家相のルーツには諸説いろいろあるのですが、一般的には昔の家を作る際に気を付けたものを易学に合わせ伝えたとされています。東北は鬼門。西側には台所をおかないなどありますが、いざプランニングの段階でこのような事を気にしていたら思うようにまとまらない場合もあります。まったく気にせずに間取りを考えられる方がほとんどですが、年長者から忠告なども踏まえて、まだまだ気になる方も多いのも事実です。さて、本題の地鎮祭と上棟式ですが、こちらもやる方とやらない方がいます。地鎮祭は字のごとく、地の神様を鎮める儀式になり、神仏に造形が深い方は大変に気になる事だと思います。得てして、家相を気にする方はこのような儀式にも関心ごとが高いようです。

スポンサードリンク

やるべきかやらないべきかは・・・

さてと、建築工事には昔から様々な儀式があります。工事を始める前に行う儀式が地鎮祭です。字の通りに土地の神様を鎮め、工事の安全と今後のその土地を使うのに対してのご挨拶という意味合いです。儀式の内容はいずれ解説しますが今回は「やるべきか、やらないべきか」に絞って解説します。
正直に先に書いてしまえば、別に どちらでもいいのです
気になる方は、やったほうがいいし、気にならない方は別にやらなくとも問題ないです。悩んでしまったら、工事を行う建設会社に相談するのもいいのですが、地域によってはかなり慣習が違うので、内容を聞いてからでも行う行わないを決めても問題ないと思います
地鎮祭の準備は建設会社が全部手配してくれる場合と全部自分で行うなど、頼む相手先によっても大きく変わります。又、肝心の神主への謝礼ですが2万円から5万円程度が一般的です。管理人の地域では一律3万円で地鎮祭のお供え物だけは施主負担。その他準備は全部、建設会社がやるのが慣例です。又、違う地域のお話ですが、地鎮祭の参加者にも祝義(5千円から1万円)渡す風習のある地域もあるようです。いずれにしてもお金がかかる問題なので、最近では行わないケースが増えています。

お金がかかるのはいやだけど、神仏が気になるので何とかしたいと思う方は、簡単ですが自分でやるのはいかがでしょうか。
大抵に申し上げれば、地の神様への思いな訳ですから、ようは、気持ちの問題です。自分で「酒、生米、塩」を用意し、敷地の東北から時計回りに東南、南西、北西と四カ所に酒、米、塩を巻き、最後に中央で全部を巻いて、心から、「これから工事を始めて、完成のしたらここに住みますのでよろしくお願いします」と思うのも一つではないでしょうか。忙しい方でもこれならばできるのだはないでしょうか

続いて上棟式のお話ですが、細かな内容はこちらもいずれ書きます。この儀式は木造では建て方(骨組み)ができた段階で工事に携わる方への労をねぎらい、又ここでも安全を祈願する儀式です。こちらは先の地鎮祭に比べて圧倒的に行う方が減っています。もしも、上棟式を本格的にやるとなると数十万かかるのを覚悟してください。まずは祝義ですが、棟梁や監督に渡す金額ですが5千円程度から1万円以上。これが大体最低でも8人から15人程度、地方によっては一人当たり5万円以上平気で図々しく要求してくる棟梁もいるようです。また、食事などを用意して宴会を行い、土産物なども手配しなければなりません。ここまでしなくとも、どうしても気なるのであれば、菓子折りを職人さんに渡して終わりでも全然問題ありません。何事ほどほどで十分です。最近は工事上の通過点としてドライに考えている会社も多いので何もしなくとも問題ないのです。

余談ですが、小さな工務店などではその経営者、ハウスメーカーでは担当する営業マンによって、このような儀式を行う行わないが左右されるようです。
こちらが予算的な理由や時間的な理由によりやる気がない場合で、頼んだ施工店がやらないといけないようなことを言ってきた場合は一番厄介のですが「神仏が気にしないし、時間的忙しいので」とやんわりと断りましょう。これとは逆にこちらやる気満々なのにまったく施工店がやる気がない場合は、「儀式なのでご協力してください」など、お願いしてみましょう。

まとめ、無理をしてまで儀式を行う必要はない。廻り(親とか親類とか)の意見や風習や慣例によっては行わないといけない地域や雰囲気の場合は行う方がよいが何事もほどほどが一番。最近ではまったく行わないケースが急増している

スポンサードリンク

家を買う際のオプション工事 

住みやすい住宅地とは 戻る