トップページ > 契約と登記の知識 > J01:クーリングオフ

クーリングオフ制度とは

購入の準備 生活環境

不動産業者が自らが売主となる物件については、クーリングオフ制度と呼ばれる制度があります。一定の条件を満たした場合のみですが、購入の申込を撤回できるというものです。ゴリ押しの営業マンにしつこくされたなど冷静に判断ができない状況下での契約は無効にできるという買主保護が目的の制度です。しかし、なんでも解約できるというものではありません。契約書にハンコを押すという行為は大変に重い行動です。責任ある対応が求められます。むやみに「契約します」等、購入をするような言葉や対応は買う気が固まるまでは絶対に行ってはいけません。売主側は契約行為になれば販売を止めるなどの販売活動拘束し被害を出してしまうケースもあるのです。

スポンサードリンク

クーリングオフが適用できるケース

前提条件としその物件が不動産業者が自らが売主の場合
・接待を受けた先の旅館など
・勤務先近くの喫茶店等に呼び出しをされた場合
・暴力的に契約を強要された
・勤務先や自宅に押し掛けたられた
など、買主が冷静な判断力が奪われた状況下での契約行為については白紙撤回できるというものである。もう一つ、告知方法( 売主への意思表示)は書面で告知した日から8日以内に限ります。
注意としては8日経過後はできなくなり、又、代金を全額払った場合もできません。


クーリングオフができないケース

・宅建業者の事務所・事務所以外で継続的に業務を行う施設(具体的には取引主任者がいる現地案内所、モデルルームなどで土地に定着する建物)・買主が指定した場所(買主の自宅、勤務先のみの2カ所)

尚、クーリングオフが適用される場合、不動産業者はその旨の説明をしなければならないとされています。

スポンサードリンク

次ページ 融資特約条件付き契約

契約と登記の知識 目次へ 戻る