" 地震保険を付ける?

トップページ > 住まい購入の基礎知識 > HB08:地震保険を付ける?

地震保険に加入する、しない、は、非常に悩む

地震保険は博打なのか?

家を購入する時に住宅ローンを申し込む際に担保物件の家が燃えてなくなる場合に備えて火災保険に加入するのは別ページで解説致しましたが、ここで「おや待てよ」と考えるのが「地震保険」です。多くの方が加入するかどうかで悩むのです。あの忌まわしき東日本大震災以後、加入者が増加したのも事実です。東海地震の対象地域となっている静岡県や、今回の地震で被害の大きかった宮城、福島などは、他県に比べて以上に加入率が高いのは、地震に対する認識が生活レベルとなっているからと言えます。ところが、いざ加入するとなるとなかなか悩むものです。保険はあくまでも「いざ」という時に備えたものなのです。

スポンサードリンク

お守りとして考える

火災保険は住宅ローンの条件として、複数年分をまとめて払うことができます。ところが、地震保険は最長でも5年分までしかまとめて払うことができません。5年毎に見直し、保険料を払うのがめんどうと感じる人も多いと思います。これは建築の技術が進化している事を考えれば致し方のないこと思えます。
また、耐震構造や免震構造の住まいを持つ方から見れば、地震の被害は受けないと考える人も少なくはないと思います。しかし、不安を拭い切れない方や地震による被害で収入が減る、無くなる方、貯蓄のないなど、地震被害で生活の根底が成り立たなくなる方は、地震保険を考えて良いと思えます。確かに地震の被害が合わずに一生を終える人もいるので、加入するしないは悩むとことですが、もし地震被害に合い、最悪の場合は壊れて住めなくなった家のローンを返済しながら、新しい家を考えなくてはならないという事態だけは避けたいと誰もが思うはずです。
ちなみに耐震・免震構造の住居は割引があります。控除で税金還付もあります。加入に悩んでいる方は支払額を見積で確認してみてはいかがでしょうか。

キーワード 地震保険の加入は、震災後に安定した収入が継続でき、生活基盤が移転できるか、なども考える事が必要
建物火災地震住宅購入家注文住宅

もはや常識レベル?地震での火災は・・・

地震による倒壊や地震が原因で発生した火災の被害は地震保険に入っていないければ、家の修理費は出ないのは今では結構知られています。地震保険に加入していれば保険金は確かに受け取れるですが、地震保険での契約金額は火災保険で入った額の30~50%までになっています。もらえる保険金額も最高で半分、その上、地震保険では全損、半損、一部損の3ランク判定式で上からそれぞれ、100%、50%、5%がそれぞれ時価による割合を上限に払わるのです。つまり修理に十分な費用が必ずしも得られるわけではないという事です。
くどいようですが、住宅ローンを組むと強制的に入る火災保険だけです。地震保険はオプションなので、考えている方は、ちゃんと意思を伝えましょう。

まとめ、加入するかどうかを悩んでいるなら、保証内容と保険支払額くらいは確認してみよう。その上での判断でもいいのでは
又、地震が原因で発生した被害や火災は地震保険に加入していないと保険料は下りないつまり火災保険では賄えない

スポンサードリンク

次回未定です

周辺下見と物件見学 戻る

住まいの基礎知識 目次へ 戻る