" 住宅ローン変動金利の怖さ 住宅購入

トップページ > 購入の準備 > G09:住宅ローン変動金利の怖さ

全期間固定金利と固定期間選択型と変動金利型がある

恐怖!変動金利の怖さ

細かい内容は既に購入資金の項目で解説済ですが、住宅ローンの支払金利には全期間固定、固定期間選択、そして変動金利と3つあるのはみなさんもご存じのとおりです。全期間固定金利というのはローンを返済している期間はずっと同じ金利が適用されるので生活設計が立てやすいというメリットがあります。多くの生活アドバイザーがこの支払方法を推薦しています。しかし、実際には固定金利選択型や変動金利を選ぶ方が多いのも事実です。では固定金利選択型は、2年、3年、5年、10年といった期間だけ固定された金利を適用する方法です。5年後の金利が今より高い水準の場合は返済額が上がるというつらい現実になることもあるのですが、その5年後でも全期間固定金利型よりも安い金利になるケースが多いので皆さん悩んでいるのかと思います。

スポンサードリンク

誰もが悩み返済の方法

いずれにしても返済するのであれば1円でも安く済ましたいと考えるのが普通な事ですが、では、どうすればいいのでしょうか?
正直に言って考え方や将来の収入によって随分と変わります。ただ、リスクを少なくするという意味ではそれぞれのいいところを組み合わせた金利ミックス型を選択するのも一つの解決方法です。また、この先日本経済がまったく良くならず住宅ローンの返済が終わるまでずっと低金利で行くと考える方は、短期物や変動もの一番安く表示されるローンを選べという選択もあると思います。また、逆の考えで今後、金利が上がると予想するのであれば、全期間固定や長期物を選択すればいいのです。

キーワード 住宅ローンの選択は金利の変動があるという事を忘れずに

変動金利の怖さとはいったい何?

さてと本題です。比較するために固定金利選択型5年タイプと変動金利で5年の場合で考えてみたいと思います。
但し、これから金利が上がるもしくはキャンペーン金利が初回以後大きく下がる場合です。
固定金利選択型なので5年間は返済金額は同じなのは解説するまではないのですが、問題は変動の場合です。変動金利は5年間の毎月の返済額は変わらないのですが、適用金利は半年ごとに見直します。返済額の内訳である元金と利息の割合を変えるローンなのです。つまり金利が上がった場合は毎月の返済額の元金を減らして金利部分を増やし調整していくのです。で、適用金利を見直す時期が5年後のことですが、一応大きく上がったとしても前の1.25倍を超えないようにするという規定があるのですが、これがまた考え物です。この時も上がった分は元金の返済を減らして利息分を上げるのです。最悪の場合、支払い期間が延長する事態にもなりかねません。
変動金利の怖さ、金利が上がった場合、元金が減らないという怖さです。

本ページは、資金的にやや厳しいながらも住宅を無理をして、もしくは住宅ローンの支払う現実をあまり説明を受けずに不動産会社の口車に乗せられて契約しそうな方など、少し冷静さを失い購入に関して軽く考えている方に読んで頂きたいページです。
変動金利や固定期間選択2年は最初は確かに安い返済額です。しかし、よくトータルの返済を考えてください。金利が1%上がった場合はどれだけ返済が増えるのかを想像してください。予算的苦しいのであれば、住むエリアを変えたり、購入時期を少し遅らせるのも一つの方法です。返済できなければ買った家を取られて終わりです。

スポンサードリンク

次ページ 家族が増える前か後か

自営業者の住宅ローン 戻る

購入の準備 目次へ 戻る