トップページ > マンション購入 > F13:専有部分と共用部分

区分所有法が適用されるマンション

専有部分と共用部分

マンションを購入された方、検討中の方は、よく知っていると思うのですが、初めてマンション購入を視野に入れた人には、まったくといっていいほどなじみがない専有部分と共用部分の内容。今回は専有と共用のお話をまとめてみました。
マンションは複数の所帯が集まる集合住宅です。区分で所帯が分けられているので専用の法律が施行されています。あまり聞いたことがないという方が多いと思いますが、「区分所有法」という法律が適用されています。

スポンサードリンク

キーワード マンションには区分所有法という法律が適用される。専有部分と共用部分の決まりがある

マンション購入を検討する前に知っておくべきこと、専有と共用のお話

区分所有法が適用されているマンションでは、各戸の所有者個人の所有物になる専有部分と、所有者全員が共用する共用部分に区物されます。具体的には、マンションの各部屋内は所有する所有者の専有部分ですが、エントランス、エレベーター、階段、ごみ集積所、駐輪場所などは共用部分に分けれられます。この共用部分はマンション所有者みんなのものなので、居住者が勝手に使用したり処分することができなくなっています。極端な話ですが、部屋の壁を仕上げている所から内側の専有部分以外は全て共用と思って間違いないです。
区分所有法での最大の注意というか、購入を検討している方のほとんどが勘違いされているバルコニーと専用庭ですが、これらは、各戸の居住者が専用に使うものですが、実は共用部分に区分されています。使用に関して、マンション管理規約で専用の使用権を認められているだけです。よって勝手に人に貸すなどは規約違反となり使用することができなくなるのです。他にも専有だと思い込んでしまいがちなものとしては、駐車場、トランクルーム、郵便受け、宅配ボックスなどがあります。また、各戸の玄関ドアは内側が専有、外側は共用部分です。玄関の前の外廊下は共用部分なので、私物を置いたり、子供を遊ばせることは本来できないのです。また、原則があれば例外もあり、マンション独自の規約がある場合はそちらが適用されます。基本的には共用部分であった場合でも単独で使用するものについては使用権が認められています。

一般的な共用部分でのルール

・玄関扉
 扉の内側は専有部分だが、外側は共用部分に属するもので扉の外側の仕上げの変更は勝手にできない(塗替えとか)


・バルコニー
 手すりの塗装なども管理業務として範囲である。ルーフバルコニーや特殊な形状のバルコニーなどは、使用料がかかり、一般的なものより高い金g無くの場合がある。


・駐車場・駐輪場
 ほとんどといっていいほど、使用料が発生する。また、駐車場の場合は数に限りがある場合は抽選になる場合が多う


・壁
 玄関扉同様に内側は専有部分です。但し壁を形成している構造部分は共用です。室内側の仕上げ材(壁紙、塗装)を変更するのは自由ですが、釘や打つ、穴をあけるのはダメです。


・共用廊下
 共用部分なので、先にも書いて通り子供が遊んだり、私物が置けないが、専用使用権を認められているポーチなどもある

その他にも専用庭やトランクルームなどはマンション管理規約にもとづき、使用者に専用使用権が認められているものは使用権を得た人が使用できるが、ないものは使用できない。(例えば、郵便ポストを考えてみればわかると思います。)

スポンサードリンク

次ページ 管理規約と管理形態

修繕積立金の額 戻る

マンション購入 目次へ 戻る