" 設計事務所での注意

トップページ > 注文住宅 > C05:設計事務所での注意

設計事務所は施工をしないという事実

設計事務所とは一般的に、一級、二級、木造の各建築士資格を有する者が都道府県知事者から許可を得て、開設した事務所を言います。また、最近よく聞く「建築家」とは施工する会社つまり建築会社や工務店とは独立した立場で設計事務所を運営している者を読んでいます。
設計事務所での家づくりは設計事務所が設計を行い、施工は別に工事請負契約を結んだ建築会社や工務店が行います。下記の図のように設計と施工の別々の契約が必要になるという事です。工事監理契約は特に重要で、契約しなくとも施工会社が勝手に作ってくれますが、工事の状況を把握できないという難点もあります。一般的には設計事務所に工事監理を委託し、工事監理を任せるのが理想です。第三者の立場で工事を厳しく監理し、完成度の高い住宅にしてくれるはずです。

設計事務所での家づくり

スポンサードリンク

決して焦らない事が重要です

完全オーダーメイドになるのが設計事務所の家づくり、設計者は建て主との話し合いを重ね、さまざま要望を検討したうえで、専門家として、自身の作風を重ね、具体的な間取りを提示しくれます。
敷地条件や予算、法的な問題、多種多様の条件に柔軟な対応でハウスメーカーなどではできない回答をしてくれるのも設計事務所での強みです。特に狭小地など、条件が厳しければ厳しいほど最も力を発揮してくれて、斬新な解決方法で建て主によきアドバイスをしてくれるでしょう。逆に、設計事務所によっては作風や考え方が建て主と合わず、トラブルになる例も多いようです。自分の好みや考えにあったパートナーを選ぶのが重要なポイントと言えます。なお、大変に細かいことまでヒヤリングを行う場合が多く、全体のスケジュールとしてはかなりの余裕がほしいところです。最低でも1年以上はかかると思っていて間違いありません。

建築家選びは自分に確かな考えがないと相手にも迷惑をかける

テレビや雑誌で非常に身近になった建築家とはいえ、まだまだ敷居が高く、知り合う機会やきっかけが少ないと思われがちですが、ネット検索や、建築関係の専門誌で作品紹介が掲載されています。もちろん連絡先も掲載されています。情報源としてはかなり狭き門ですが、めんどくさらずにいろいろな建築家の作品を見ると同時に地震でもどのような家にしたいかを考えておきましょう。漠然としていてもコンセプトの根源になるので、テーマはとても重要です。気にいた作品があった場合はその建築家に気軽に連絡をしてみましょう。「雑誌を見たのですが、家の事で相談がしたい」といえば良いのです。実際に会ってみて話を聞いたりし、過去の作品も見せてもらい、自分に合う人かを見て話してから判断しましょう。そうです。建築家との家づくりは相性(フィーリング)です。焦らずに自分と合うかを判断しましょう。

もちろん人が良くとも管理能力が低ければ当然ダメです

建築家の技術力とは工務店と違い、建て主の要望に応える設計力と工事を実際に監理し工務店に強く発言できる監理能力と言えるでしょう。普段は物腰が柔らかくとも、工務店の間違った施工を見つけたら的確に指摘できるよう人物ではなくてはいけません。もちろんマネジメント能力もしっかりしていて、建て主に余計な出費を出せないような能力も必要です。

まとめてしまえば、設計事務所(建築家)との家づくりは
建て主の考えに沿った設計、設計者との相性、工事を監理する能力と言い切れます。設計図通りに工事が適正に行われているか指定した材料を使っているかなどの監理する能力は、どんなに設計が良くとも、住宅の質を最大限に高めるためには実態必要な能力です。工事に入ってからの現場での監理する力もあるかどうかも確認しておきましょう。

ちなみに施工業者の選定は設計事務所によって違います。好意にしている工務店や、複数の工務店や建設会社に依頼し入札する方法などで選定しています。

スポンサードリンク

次回は未定です。

地元工務店、建築会社での注意 に戻る

土地・注文住宅 目次へ 戻る