" 地元工務店、建設会社での注意

トップページ > 注文住宅 > C04:地元工務店、建設会社での注意

地元工務店で建てる場合は

家を作る依頼先と一つとして地域に密着した工務店や建設会社を選ぶ方が多いのですが、その工務店の数は非常に多く、社長が一人で大工までこなす規模から、従業員が数百名までいるような準ハウスメーカー規模まで実に様々です。規模的に言うと社長をはじめ数名の大工や監督など10名以下の小規模が大半を占めています。小規模ならではの機動力と細かな対応できる会社が多く、地元での評判が生命線なので非常に満足できる体制を整えている工務店が多いようです。また、多様化する住まいのケースに応えるために小規模の工務店とはいえ、新技術にいち早く導入し品質の向上や設計デザインも力を入れている工務店が増えています。しかし、安易になれない新技術を導入して、重要な瑕疵を作ってしまうような失敗も聞きます。デザインも感性の違いから最初は良く見えても後に悪く感じることもあるのです。ここでは工務店に頼む場合の注意点をまとめてみました。

地元工務店、建設会社での注意

スポンサードリンク

チェック体制は担当者任せになる

工務店の中には建築士を抱えている場合もあり。設計から建築まで一貫して家を造る体制を整えている工務店も多く、小規模ならではの伝達能力もあり要望が現場まで伝わるのが早いというメリットがあります。但し、工事の管理体制には十分な確認をすることをおすすめ致します。工務店などの小規模な体制だと、管理担当者は現場監督一人という事が多く、施工者側の都合の良い確認体制になりがちなのです。
基本的には自由設計が主体で建て主の希望や間取りに合わせて設計します。しかし、デザインや見栄えについては施工のしやすさが優先してしまうこともあるようです。デザインにこだわりがある方は自分で揃えた雑誌や写真などを見せて具体的なイメージを伝えることをおすすめ致します。

地元密着がゆえに

その地域で長いこと営業し実績があり悪評もないのであればひとまずは信頼できるといえます。なによりも地元の評判の確認は可能な限り確認してみましょう。ただし、人間にも相性があるので、聞いた相手がその会社のアンチであった場合もありますので複数の評判から総合的に考えましょう。さて、ある程度、実績のある工務店などは過去の施工例を実際に見せてもらうことを強くおすすめ致します。もちろんそこに住んでいる方をお話しできるのであればぜひ行ってください。また、工事中の現場あるのであればぜひ見せてもらいましょう。ゴミの処理や駐車の仕方、資材の置き方などでその工務店の家づくりへの考えが見えるはずです。
あれこれと確認しても不安な方もいるかと思います。そんな時は以前別のページでも解説しましたが、公共機関つまり役所を利用しましょう各都道府県の建築指導課に行きますと建設業者の登録台帳が閲覧できます。業務経歴や資本が解ります。この他にもその工務店がもし業界団体に加入しているのであればそこに問合せしてみるのもいかがでしょうか。最近はいくら小規模とはいえ、ホームページを公開している工務店も急増しています。会社経歴くらいは知り得るはずです。ないのであれば名刺交換時に大抵は書いてあるはずです。また、最近ではパンフレットくらい用意している会社も多くなりました。これで業務経歴や保障体制の確認もできるはずです。

人当たりが良くとも最後は施工の技術

工務店の生命線は技術力です。営業マンまで抱えている工務店は数少なく、一般的には情報発信が得意でない工務店がほとんどです。どんな規模であれ、最後は住む方の満足度です。そんな工務店の方を持つわけではありませんが工務店での家づくりは施工の技術力です。それと工務店とはいえ、その会社がすべてを一から十まで行う訳ではありません。基礎工事や水道工事など各専門の工事店が請負、一つの家を完成させます。それらの業者を取りまとめる統率力も必要です。が、ゆえに過去の施工物件の見学と施工途中の物件の見学をおすすめするのです。

スポンサードリンク

次ページ 設計事務所での注意

ハウスメーカーでの注意 に戻る

土地・注文住宅 目次へ 戻る