" ハウスメーカーでの注意

トップページ > 注文住宅 > C03:ハウスメーカーでの注意

ハウスメーカーで建てる場合は

まず最初のアクションとしては住宅総合展示場で各ハウスメーカーを回りカタログを集めたり、ネットや住宅情報誌などでカタログを郵送で送ってもらい情報を集めます。その次にざっくりとした建物の相談をし、次にラフプランで概算見積りで資金計画を行う流れになります。ここで予算が合わない、希望の条件ではないといったメーカーは省き、自分に合ったハウスメーカーを決定する流れが一般的になります。しかし、こんなはずではなかったという人も多いようです。それは分業の仕組みを理解していない方が多いからです。

ハウスメーカーでの注意

スポンサードリンク

段階によって変わる担当者

ハウスメーカーでは分業がきっちりとされています。設計、施工、アフターサービスの各過程で担当部門が変わりことや、協力会社が携わることで、プロセスの段階で相談する相手が変わるのです。総合的には営業マンが窓口であっても段階ごとの責任者は、めんどくさらずに誰かを確認しておくことが大切です。
さて、ラフプランの段階では担当する営業マンがプランを考えるメーカーが多いようです。その後、詳細プランに移行する段階でようやく設計担当者が登場します。そこから細部を決めていくわけですが、基本的には規格化されたハウスメーカーでは多少プランに制約がある場合があります。また、フリープランとはいえ、そのメーカーの構造や工法によっても多少の制約があるようです。また、床・壁・建具・外壁などはある程度決められた範囲から選ぶの一般的です。(希望した商品を組み込む場合は追加料金が多くかかる場合があります。)

実態は協力会社の力量による場合が多い

ハウスメーカーでの家つくりは工場生産された部材を多用するので製品自体は非常に安定しています。現場での工事を少なくすることで出来栄えを一定にできるというメリットがあります。しかし、現場での工事を担当するのは地場の協力工務店(つまり大工さん)や丸受け下請け工事店ということが多く、これらの会社の技術力が品質に大きくかかわるのです。もちろんメーカー側でも行程を確認していますが、厳粛なルールに基いた体制を確立しているハウスメーカーであることが望まれます。(現場を担当する監督の力量も当然に関係します)

さて、その管理能力は家を引き渡した後にも影響します。アフターメンテナンス担当者や協力会社によって、定期点検やメンテナンスが行われます。当然にこちらもハウスメーカーの管理能力が問われます。どのような体制であるかは当然に契約する前に確認することが大切です。また、引渡時の書類や保証書も必ずよく読んでおきましょう。

ハウスメーカーを選ぶポイントのまとめ

ハウスメーカーの情報集めは比較的に容易です。それゆえに情報が多すぎて、冷静に判断できなくなる危険があります。下記に選ぶ際のポイントをまとめてみました。自分にあったハウスメーカーを選ぶために適切に情報得るには営業マンとの良好な関係が必要です。担当する営業マンの力量と相性です。特に相性はかなり大きなウェイトを占めます。

ネットでのポイント
・ハウスメーカーでのキャンペーンやお買い得情報が後悔されている場合があります。また、Q&Aなどの家づくりへの不安に解決になるような情報も公開されている場合が多いので調べ物はまずはネットからしてみるのもいいかと思います。反面、誤った情報や過度にお得感を出した記事や写真も掲載されている場合があるのであくまでも初期の情報集めだという割り切りで見ましょう。

住宅情報誌でのポイント
・商品情報や施工例を見ましょう。施工事例には実際の間取りなどデータを見れます。どれくらいの広さなどを参考にしましょう。

モデルハウスでのポイント
・実際の生活を念頭に!!モデルハウスは広い敷地にそのメーカーの最高のグレードで建てられています。理想と現実の格差があります。自分の予算に合った条件で冷静に判断しましょう。
・小物やカーテン、センスがいいのは当然です。プロがコーディネートした内装であることを忘れず。これらの装飾を除いた状態はどんな感じを冷静に見ましょう。基本は家の出来です。
・モデルハウスでは営業マンの品格を確認できます。あまり計画せずに何でも聞いてみましょう。その営業マンの人柄や対応の姿勢、力量が自分に合うかをチェックしましょう。1回ではなく、何度か接するのもいいかと思います。

カタログでのポイント
・商品自体の情報が見れます。標準的な装備と本体工事の範囲を確認しておきましょう。
・カタログの写真はオプションを多用した豪華な写真が多く、それがどの程度のものなのかを確認しておきましょう。基本的なものが必ずしも掲載されているわけではありません。

スポンサードリンク

次ページ 地元工務店、建築会社での注意

住宅会社の種類 に戻る

土地・注文住宅 目次へ 戻る